主婦向け

ファミペイで公共料金の支払いはできる?ポイントがつくかも調査!

『ファミペイ』は、ファミリーマートが7月1日に始めたスマートフォンの決済サービスで、スマホに表示されたバーコードを読み取るだけで、決済することが可能です。

そんなファミペイ(FamiPay)で「電気やガスなどの公共料金の支払いはできるか?」について疑問に思っている人が多いようです。

答えを先に言ってしまうと…

ファミペイで公共料金を支払うこと(収納代行)は可能です。

ここで気になるのが、「ポイント(ボーナス)がつくのかどうか?」ですよね。

今回は、ファミペイで公共料金を支払った場合にポイント(ボーナス)が付くのかどうかを調査していきたいと思います!

>

ファミペイとは?

ファミペイは、スマートフォンにバーコードを表示させて支払いができるスマホ決済サービスです。

登録方法は簡単!

  1. ファミペイアプリをダウンロードする
  2. 会員登録する
  3. FamiPay暗証番号を設定する

の3STEPのみです。

iOS版のファミペイアプリのダウンロードはこちら

Android版のファミペイアプリのダウンロードはこちら

ファミペイの特徴は、『支払い、クーポン、ポイントを一元化できること』のようですね!

さまざまなサービスを1つのアプリに1本化することで、1個1個アプリをインストールしたり、決済とクーポン利用で別々のアプリを起動するといった手間を省いてくれます。

アルコ
アルコ
スマホ1つで電子マネー、クーポン、ポイントカードを備えてくれるなんてかなり便利ですよね!

また、ファミペイでは利用額に応じて「FamiPayボーナス」が還元されます。

還元率は0.5%で、税込み200円の購入で1ボーナス付与されます。

毎回のお買い物でポイントが付くのは、主婦にとってははずせないポイントですよね♡

ファミペイで公共料金の支払いが可能

ファミペイでは公共料金の支払いが可能です。

  • ガス料金
  • 水道料金
  • 電気料金

を支払うことができます。

公共料金の支払いを銀行引き落としにされている方が多いと思いますが、ファミペイでの支払いでポイントが付くならコンビニ払いに変えてみるのも良さそうですよね!

そこのところどうなのでしょうか…?

ファミペイで公共料金を支払った場合のポイント還元についてもチェックしていきましょう~

スポンサードリンク

>

ファミペイで公共料金を支払った場合ポイントはつくの?

ファミペイでは通常税込み200円の購入で1ボーナス付与されます。

公共料金の支払いの場合も、同様にポイント(ボーナス)はつくのでしょうか?

調査してみると

ファミペイでの公共料金の支払いの場合ポイント(ボーナス)はつきました!

ですが、公共料金の場合1件につき10ボーナスの付与となり、支払金額による違いはないようです。

毎月支払いをするものなので、せっかくなら金額によってもらえるボーナスも増えたら嬉しかったんですけどね。

「1件につき10ボーナスとなると微妙だなぁ~」というのが本音ですね。

ただし、期間限定でチャージ金額に対して15%のFamiPayボーナスが還元されるキャンペーンが実施されています。

7月のお得なキャンペーンとは?

2019年7月1日(月)~2019年7月31日(水)の期間限定で、チャージ額の最大15%相当のFamiPayボーナスが還元されるキャンペーンが行われています。

  • 現金チャージで10%(上限2000円)
  • ファミマTカード(クレジットカード)のチャージで15%(上限3000円)

還元上限2,000(現金の場合)~3,000円分(Tクレカの場合)の満額となる、20,000円をチャージして店頭でファミペイで支払えば、実質公共料金が10~15%還元になるということになります。

 通常、還元できないものが対象になるのは嬉しいですね!

キャンペーン分のボーナスは、8月中頃以降順次還元されるということなので、8月以降また請求書支払いに使えそうです。

せっかくのお得なキャンペーンなので、登録は7月中に行ってキャンペーンを利用してお得に公共料金を支払いたいですね。

まとめ

今回は今話題のファミペイで公共料金を支払うことができるのか?

また、ポイントはつくのか?について調査してみました!

結果、

ファミペイで公共料金の支払いは可能

ポイントは一件につき10ポイント付与される。(支払金額による違いはない)

といった結果でした。

7月中は実質公共料金が10~15%還元になるキャンペーンを行っているので、うまく活用していきたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

>