主婦向け

横浜流星コロナ感染で病状や容態は?復帰日はいつになるかも調査!

>

こんにちは、アルコです。^^

7月21日にコロナ感染が発覚した俳優の横浜流星さん。

SNS上では病状や容態を心配する声が多く寄せられています。

今回は、横浜流星のさんの病状や容態、退院後の復帰はいつか?について調査してまとめていきます。

>

横浜流星コロナ感染で病状や容態は?


横浜流星さんですが、7月20日夜、出演舞台『巌流島』の稽古終了直後の体調不良を訴え、発熱症状が見られたため、医療機関を受診。

抗原検査、PCR検査を受け、コロナ陽性の結果だったとのことです。

気になる病態や容態についてですが、横浜流星さんはコロナ陽性発覚後、「病院の指導に従い、入院・治療を行なっている」とのことです。

横浜流星さんの所属事務所であるスターダストからは、病状や容態については言及されていないので、今どのような状態なのか分からないので心配ですよね。

 

横浜流星さんは、ドラマの撮影中もコロナ対策でマウスガードをつけての稽古をしていたんだそうです。

普段出かけるときはマスクをして出かけているけど、これからは手洗いうがいも徹底するようにしなきゃ・・・。

【追記】横浜流星さんが退院

 

7月30日に横浜流星さんが退院されたことを発表しました。

発表は横浜流星さんの公式インスタグラムからで、横浜流星さんがコロナ陽性反応が出た時の胸中も語っています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

本日無事に退院しました。 この度は沢山の方々に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び致します。 自宅と仕事場の往復以外、外出は本当にしておらず、感染対策も徹底していたので、陽性の結果が出た時、頭が真っ白になりました。ドラマの撮影と、舞台の稽古に全力を尽くし、ずっと作品のこと考えていたので、悔しいです。 なにより仕事関係者、共演者の皆様に、大きな迷惑をかけてしまったことに責任を感じ、悲しみや怒りや不安に飲み込まれそうにもなりましたが、家族、マネージャー、仕事関係者、友人、応援してくださる方々の温かい言葉に何度も救われました。ありがとうございます。 そして感染リスクがある中、親身に治療や看護して下さった医療従事者の方々に、感謝の気持ちで一杯です。 皆さん、感染予防を徹底していても、 いつどこで感染するか分かりませんので、 本当に気を付けてください。 “手洗いうがい” “外出の際にはマスクを忘れずに” 1日も早く終息しますように。

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿 –

 

横浜流星のコロナ復帰日はいつ?

横浜流星さんの復帰日についてですが、まだ発表されていません。

通常だとコロナに感染しての入院の場合、10日の入院が必要だということです。

横浜流星さんの場合、7月20日に発症しているため、10日後である7月30日、もしくは31日に退院するのでは、と言われています。

ただこの入院日数も必ずではないようで、本人の体調や症状を見ての判断になるとのことなので、横浜流星さんの病状によってはもしかすると退院がもう少し遅くなる可能性も。

横浜流星さんは舞台やドラマを控えていたということもあり、入院生活は心身共に負担がかかることであるとは思いますが、ゆっくり体を休めて1日も早い回復を祈っています。

まとめ

今回は、横浜流星さんのコロナ感染発覚後の容態や病状についてまとめていきました。

横浜流星さんの舞台「巌流島」は先日中止が発表されましたが、最近コロナ感染者数もすごい勢いで増えていているので、どうしても密になってしまう舞台は、中止になるべくしてなったのではないかなと思います。

娯楽ももちろん大切ですが、まずは自分の体と感染が心配になる環境へは行かないように気をつけていきたいですね。

横浜流星さんの1日も早い回復をお祈りいたします★

スポンサードリンク

>
error: Content is protected !!